当社におけるキャリアパス制度について

1.キャリアパス制度とは

キャリアパス制度とは、人材育成制度です。
法人がキャリアパスを示すことで、職員は中長期的にどのようなスキルや専門性を身につけていくべきかを理解できるとともに、自己の目指すべき道を自己で考察する材料ともなり、自己啓発意識、モチベーション向上に資することができます。
キャリアパス制度を体系化するには、下記の3つの要素が必須となります。

  1. ①職位や職務に就任するために必要な業務経験、求められる実務能力を定め、どんな仕事に従事し、どの程度の習熟レベルに達すれば、どういう職位、職務に就けるのかの道筋や基準、条件を明確化すること。
  2. ②研修計画を策定し、必要な研修を受講することにより資質向上を図ること。
  3. ③根拠に基づいた賃金体系(等級)を定めること。

2.キャリアパス制度の概要

①事業運営システム

法人理念及び法人の事業運営方針に基づき、法人本部の統括のもと、各事業所が目標、責任を持ち運営します。

②職位表

職位及びその職位に求められる能力の基準を示し、果たすべき役割・責任をています。

 

③等級表

人事考課の結果や従業年数等に応じ設定した給与の等級です。

④人事考課表、目標管理表、指導計画表

1年に1度、人事考課を実施します。一次考課は個々の職員が行い、二次考課は所属長が行い、職員と面談のうえで、職員は目標管理表を、管理職は指導計画表を作成します。

⑤キャリアパス評価表

人事考課、取得した資格内容、従業年数等を踏まえ、キャリアパス評価表を施設長が作成します。

⑥研修計画

事業所別に年間研修計画を策定し、社内・社外研修により能力向上を推進します。

3.キャリアパス制度の仕組み(年間スケジュール)

①法人事業運営方針

  • ・3月中旬までに法人本部より、単年度事業運営方針を各事業所に示す。

②単年度事業運営方針の作成、職員への周知

  • ・3月末までに、各部署が単年度事業運営方針を作成し、その内容を職員に周知する。

③人事考課、目標管理表、指導計画表の作成、職員面談

  • ・12月~2月に自己評価をし人事考課表を所属長へ提出する。所属長が1次考課し職員と面談をする。
  • ・その後、単年度事業運営方針を踏まえ、職員が目標管理表を作成し、3月下旬までに所属長へ提出する。その後、管理職が指導計画表を作成する。

④キャリアパス評価の実施

  • ・人事考課の内容、職員との面談内容、年度内に取得した資格、従業年数等を踏まえて、施設長が昇格、昇給の有無、内容を暫定的に設定する。
  • ・施設長が設定した昇格、昇給内容を法人本部会議で協議し、結論を出す。

⑤辞令交付

  • ・昇格、昇給した職員には、4月に辞令を交付する。

⑥処遇改善改善、特定加算算定に伴う賃金の支給概要

  • ・処遇改善加算の支給内訳
    処遇改善手当(正社員・介護職)、賞与(正社員・介護職)、調整手当(パート介護職)、夜勤手当の一部(正社員・介護職、パート介護職)、資格手当の一部(正社員・介護職)、子供手当(正社員・介護職)
  • ・特定加算の支給内訳
    特定加算手当(正社員・介護職、看護職、事務職)、調整手当(パート介護職)

⑦社内、社外研修の計画、実施

  • ・社内研修計画は、各施設で年間スケジュールを3月末までに作成する。
  • ・社外研修は、人事考課を踏まえて、施設長が中間管理職と協議し研修参加を促進する。