施設日記

ほたる 夏祭り

2022-07-28

最近コロナ感染者数が激増しており、ひやひやしながら毎日を送っております。

神様にどうか感染しませんように。と、毎日手を合わせています。

そんな中、コロナな負けるな!と強い意志のもとホームの中そして、ほたるの中ではありますが、夏を感じてもらうために、夏祭りを行いました。

午前中は、ボーリング大会、魚釣りゲーム

昼食は、職員が腕によりおかけ、ザンギや、おいなりさん、ポテトサラダ、たこ焼き、おでんと沢山のご馳走を頂きました。

午後からは、浴衣に着替え法引きを楽しみました。

少しでも、夏を感じ楽しんでいただけたのではないでしょうか。

施設内 勉強会 事例検討会

2022-06-28

6月27日 18:00~勉強会開催いたしました。

今回は、身体拘束適正化委員会主催で事例検討会という形で行いました。

講師は、委員長の桶野 喬大でございます。

講義のあと、グループに分かれて事例検討を行いました。

最後に、各グループより発表して頂きました。

なかなか、有意義な時間となりました。

作品集

2022-06-02

皆様こんにちわ。

あっという間に6月ですね。

利用者さんとスタッフと一緒に作った、てるてるぼうずでございます。

てるてる坊主。完成後に撮りました。なんだかいい表情。

このてるてる坊主できっと今年は天気がいい日が続くでしょう。

皆さん願いましょう。

可愛らしい作品が出来上がりましたので、皆さん見に来ていただけたらと思っております。

また、一つの作品が誕生しました。

5月6日

2022-05-06

本日、また新たに芸術作品が誕生しました。

折り紙で作ったお花です。

職員と一緒に細かな作業頑張りました。

「綺麗ですなー」

カーネーションでございます。

プレゼントされたらうれしいな・・・・・・・・。
何だかいい表情。

本日も誕生した作品。

カーネーション。きれいな細かい部分を頑張ってくれたおかげでこんなにも素晴らしい作品ができました。

改めまして有難うございました。

母の日 花束の贈り物

2022-05-06

甥っ子さんからのカーネーションが届きました。

お電話で「ありがとうー」とお伝えしてました。

嬉しそうなⅠさんでした。

日向ぼっこ

2022-05-06

久しぶりの、日向ぼっこ

外の空気は、気持ちがいいね〰🌞

活動報告

2022-05-05

5月に入りましたね。

最近の活動の報告です。

長い時間をかけてできた作品など形となって飾らせて頂いております。

細かい作業など熱心に取り組まれている様子が思い浮かびます。

作っていたものが形となりました。
別な作品作りです。
皆さん好きなこと、興味のあることを一生懸命取り組まれていました。
足の運動器具です。皆さん使う頻度が増えております。
パズルも種類があり、皆さん完成の先の「達成感」を目指し取り組まれております。

活動報告という形で皆様のご利用の様子をお伝えさせていただきました。

曜日ごとに雰囲気が違い、皆さんで楽しい一日を作り出しているのだと日々感じております。

今後とも楽しくご利用頂けることを願って・・・・・・。

また明日も楽しく過ごせますように。

さくら

2022-04-27

🌸澄川の丘の近くには桜が咲き始めました🌸

澄川通りの桜並木をドライブしてきました(*^^*)。天気は良くても少し風が冷たい日が多かった気がしていましたがこんなにたくさんの桜が綺麗に咲いていました。

車内からは「綺麗だね~!!綺麗だね~!!」「家の近くにこんなに綺麗なさくらが咲いていたんだね~」

等という会話がありました。もう少し温かかくなったら今度は美味しいソフトクリームを食べに行きましょうね!!

活動報告

2022-03-30

他利用者様と協力してのパズル
足の運動器具を使ったトレーニング。週刊誌を読みながら・・・・・
創作活動。細かい作業も集中して取り組まれておりました。
こちらも集中してパズル・・・・・・
スティッキー。棒を使ったバランスゲーム・・・・・・・・・・・・・。

デイサービスにおける一日の中での活動の一部をご報告させていただきました。

主に、パズルをされる方や脳トレプリント(間違い探し)、スティッキー等、様々な取り組みをされている

様子を見ることが出来ました。過ごし方は皆様ご自由に、自分のペースで楽しく過ごされております。

勉強会

2022-03-30

2022年3月29日(火)18:00~ほたる主催の勉強会がありました。

今回は、長江さんが担当しパワーポイントを使った研修です。

「利用者さんに寄り添うコミュニケーション」です。

言語を使ったコミュニケーションはもちろんですが、非言語的コミュニケーションということで、ジェスチャーでどこまで相手に伝えられるか?

各ユニットより1人ずつ選出し、対抗で行いました。なかなかユニークな研修で受ける側も楽しんで受講できました。